お問い合わせ

白アリ防除工事

CONSTRUCTION

施工の流れ

  • STEP01

    床下点検

    キッチンに床下収納庫が有る場合は、そこから床下に入って作業を行います。同様に、洗面所などに床下点検口が有る場合もそこから入ります。

  • STEP02

    養生

    薬剤散布は作業車の薬剤タンクからホースを伸ばして行います。そのため、お客様のお住まいが汚れないように、玄関や勝手口等から侵入口まで養生シートで養生を行います。

  • STEP03

    薬剤散布

    事前にシロアリ被害箇所の木材にドリルで穿孔しておき、薬剤ホースをもって床下に潜り散布を行います。床下に使用されている木材に薬剤を吹付け必要に応じて注入します。そして、床下の土壌表面に薬剤を散布します。

  • STEP04

    室内作業

    床下での工事だけでは完全に防除出来ない場合が有ります。その場合は必要に応じて各部位に適切な処理を行います。

  • STEP05

    工事完了

    工事が終ったら作業漏れ、補修漏れ等が無いかチェックを行うと共に、清掃、後片づけを行います。お客様に工事完了のご報告を行いすべて完了です。

タケロックの薬剤

タケロックの信頼は国宝・重要文化財などの建造物へ活用されてきた実績があります。また有効成分は毒劇法非該当で居住者の安全を一番に考えて、開発された新しい当社推奨のシロアリ防除剤です。

施工法

工法
シロアリ対策協会
指定工法
吹付処理|木部表面に薬剤散布
土壌処理|土壌及び基礎表面に薬剤散布
穿孔注入処理|床下からは処理できない部分
(玄関など)に穴を開け薬剤注入
薬剤
オプティガード使用 有害成分が劇物、毒物ではなく普通物、シックハウスとして
物質は含みません。低臭性、低揮発性の薬物
  • 養生前
  • 養生後
  • 土台散布
  • 床下散布
  • 玄関下薬剤注入
  • 浴室タイル薬剤注入

5年間保証発行

保証期間にシロアリが発生した場合は無料で再施工致します。※詳しくはHPにて記載しておりますのでご覧ください。

工法の紹介

ウレタン防水

ウレタン防水(ウレタン塗膜防水工法)塗料状のウレタンゴムを屋上やベランダなどに刷毛、金ゴテ、ゴムべら、吹付機械などで、塗って防水層を形成する工法。基本的に主剤と硬化剤の2つの成分を混合して施工すると2つの成分が化学的に反応して硬化しシームレス防水層になる。

シート防水

伸縮性のあるゴム系、エンビ系のシートを接着剤などで貼る防水方法。建物の収縮に追従性する優れた防水材料であるがつなぎ目に重なる部分が生じることと、防水下地の平滑さが必要とされる。

アスファルト防水

アスファルト、アスファルトルーフィングを数層重ね合わせて防水層をつくる工法防水層が厚く連続しれいるため、施工のばらつきが少なく、信頼性の高い工法である。主に鉄筋コンクリート造などの建物の陸屋根などの防水工事に用いられる。

施工動画

page top