お問い合わせ

屋根工事

CONSTRUCTION

スカイメタルルーフ

軽量快適経済的

スカイメタルルーフの屋根材!

スカイメタルルーフとは?

優れた耐久防災性能は公的な機関の試験で証明もされております。軽量にも関わらず耐久性が高く、経済的であるにも関わらず、デザイン性も高く地震・暴風雨・紫外線からの素材劣化などの自然環境に対応したハイスペックな屋根材です。

point1軽量| 建物に長期的に優しい

スカイメタルルーフは錆に強い交番を基材とした屋根材なのでとても軽量です。(瓦の約1/8 平板スレートの役1/3) 屋根が軽量という事は、柱や梁に長期的に負担をかけにくく、建物に優しい屋根材です。

point2快適| 雨音や熱を建物に伝えにくい

鋼板屋根材と聞きますと、音がうるさいのでという心配をされる方がとても多いと思いますが、スカイメタルルーフは雨音を大きく抑える秘密があります。

point3経済的| メンテナンスフリー

スカイメタルルーフの表面を彩るストーンチップ層は、自然の石粒に日本の陶器瓦と同じ「釉薬」と呼ばれる塗料に上がるガラスコーティング膜が生成されます。この為長期的に塗り替えなどのメンテナンスが必要なく、長期維持のコストが大幅に軽減されます。

LCC(ライフサイクルコスト)の軽減に貢献

塗り替えの必要のないスカイメタルリーフは、メンテナンスが長期的に必要としない為、大きな経済効果を発揮致します。

屋根材別実例集

スレート

スレート屋根はシンプルなデザインで軽い材料で多くの業者が施工出来る事もあり多くの住宅に使用されております。しかし割れやすく経年劣化での雨漏りが起きやすいなどのデメリットも存在するのが事実です。スレート材をお選びの際はしっかりと確認をしていただきたいです。

横葺金属屋根

横葺き屋根は、棟と平行に、段々に降りてくる屋根のことです。製品によっては横一直線に見えたり、互い違いの千鳥に見えたり、横の段があまり目立たないものや反対に段を強調して重厚感を持たせるようなものもあります。金属屋根と言えば昔は雨の日、うるさいと言われていましたが今ではほとんどが遮音タイプが使われているのでご安心頂けます。

スカイメタルルーフ

ストーンチップ鋼板ハイブリット屋根材スカイメタルルーフ。建物に長期的に優しく、雨音や熱を建物に伝えにくい為、快適な暮らしを実現。高機能でありながらメンテナンスフリーで経済的です。当社では屋根工事の場合、この材料をおすすめさせていただいております。

競合比較

スカイメタルルーフ アスファルトシングル 平板スレート 横葺金属屋根
製品保証 製品50年・美観30年 10年〜40年 〜10年 10年〜25年
重量 約6kg/㎡ 約13kg/㎡ 約18kg/㎡ 約5kg/㎡
働き寸法 363 / 380 × 1280 143 × 984 182 × 910 220 × 1818〜
吸水率 0% 1%以下 15%前後 0%
基材 ジンカリウム鋼板 アスファルト系 セメント系 カラー銅板又はガルバリウム鋼板
デザイン性 色調・意匠性に優れる 色調・意匠性に優れる 単色で変化に乏しい 単色・シャープな外観
施工性 専用工具が必要だが施工性良 特殊な用具・技術不要施工性良 重量有り商品割れやすく注意必要 専用工具が必要だが施工性良
アフターケア 割れない一時的に石粒落ちあり 割れない、凍結融解に強い一時的に石粒落ちあり 踏み割れ寒冷地不向き 割れない
褐色性 ほとんど褐色なし ほとんど褐色なし 褐色あり 褐色あり
リフォーム性 屋根材の種類によりカバールーフ可 カバールーフ可 カバールーフ可 屋根材の種類によりカバールーフ可
使用制限 曲線屋根可能(制約有)不燃焼/エリア制約無 曲線屋根ほぼ制限なし飛び火認定/エリア制約有 瓦ほどではないが制約有不燃認定/エリア制約無 曲線屋根可能(制約有)商品によりエリア制約有
スカイメタルルーフ
製品保証 製品50年・美観30年
重量 約6kg/㎡
働き寸法 363/380×1280
吸水率 0%
基材 ジンカリウム鋼板
デザイン性 色調・意匠性に優れる
施工性 専用工具が必要だが
施工性良
アフターケア 割れない
一時的に石粒落ちあり
褐色性 ほとんど褐色なし
リフォーム性 屋根材の種類により
カバールーフ可
使用制限 曲線屋根可能(制約有)
不燃焼/エリア制約無
アスファルトシングル
製品保証 10〜40年
重量 約13kg/㎡
働き寸法 143×984
吸水率 1%以下
基材 アスファルト系
デザイン性 色調・意匠性に優れる
施工性 特殊な用具・技術不要
施工性良
アフターケア 割れない、凍結融解に強い
一時的に石粒落ちあり
褐色性 ほとんど褐色なし
リフォーム性 カバールーフ可
使用制限 曲線屋根ほぼ制限なし
飛び火認定/エリア制約有
平板スレート
製品保証 〜10年
重量 約18kg/㎡
働き寸法 182×910
吸水率 15%前後
基材 セメント系
デザイン性 単色で変化に乏しい
施工性 重量有り
商品割れやすく注意必要
アフターケア 踏み割れ
寒冷地不向き
褐色性 褐色あり
リフォーム性 カバールーフ不可
使用制限 瓦ほどではないが制約有
不燃認定/エリア制約無
横葺金属屋根
製品保証 10年〜25年
重量 約5kg/㎡
働き寸法 220×1818〜
吸水率 0%
基材 カラー鋼板 又は
ガルバリウム鋼板
デザイン性 単色・シャープな外観
施工性 専用工具が必要だが
施工性良
アフターケア 割れない
褐色性 褐色あり
リフォーム性 屋根材の種類により
カバールーフ可
使用制限 曲線屋根可能(制約有)
商品によりエリア制約有

美観30年保証

美観保証とは石粒が広範囲にわたり剥離し下地が露出したり、表面に塗布された石粒が退色するなど、著しく美観が損なわれない事を保証しております。

工法の紹介

ウレタン防水

ウレタン防水(ウレタン塗膜防水工法)塗料状のウレタンゴムを屋上やベランダなどに刷毛、金ゴテ、ゴムべら、吹付機械などで、塗って防水層を形成する工法。基本的に主剤と硬化剤の2つの成分を混合して施工すると2つの成分が化学的に反応して硬化しシームレス防水層になる。

シート防水

伸縮性のあるゴム系、エンビ系のシートを接着剤などで貼る防水方法。建物の収縮に追従性する優れた防水材料であるがつなぎ目に重なる部分が生じることと、防水下地の平滑さが必要とされる。

アスファルト防水

アスファルト、アスファルトルーフィングを数層重ね合わせて防水層をつくる工法防水層が厚く連続しれいるため、施工のばらつきが少なく、信頼性の高い工法である。主に鉄筋コンクリート造などの建物の陸屋根などの防水工事に用いられる。

施工動画

page top